火災現場清掃のRB>技術・ノウハウ

技術・ノウハウ

火災現場の復旧や消臭には特別な技術とノウハウが必要である。

当社株式会社リスクベネフィットでは、日本国内でまだ確立されていなかった火災現場清掃及び火災現場の脱臭、消臭作業をいち早く事業化し数多くの施工を行ってまいりました。
そこで得た数々のノウハウを元にお客様によりベストなご提案を行えるようになりました。

  • 解体するから家財だけ取り出したい
  • この際だからリフォームも行いたい
  • 突然の事で予算が厳しいのでできるだけ安く抑えたい

などお客様に応じて必要とされるノウハウは異なります。
できるだけ費用を抑える為にどこに予算を掛ければよいのか?
どこはしっかりとやるべきなのか?
と長年のノウハウからお客様にご提案できる技術が火災現場には必要とされます。

脱臭、消臭だけでない!
リスクベネフィットの火災現場復旧作業

株式会社リスクベネフィットでは火災現場清掃脱臭消臭に対して多くの経験から導き出した最適の工法をご提案できる技術を有しております。

  • 火災現場の残置物は何故撤去するの?
  • 火災現場の煤(すす)除去は何の為に行うの?
  • 火災現場の脱臭、消臭は何の為に行うの?

それはその後人が使えるようにするからです。
火災の際にはその時の燃えた物の材質や燃えた温度によって様々な有害物質が発生している可能性が多くあります。
有害物質が残っていて火災現場の復旧は完了とは言えません。
当社では作業後の環境問題、大気問題まで対応可能です。

STEP1
最初の作業として
まずは作業前の臭気を測定致します。測定にはいくつか方法がございますが24時間法を推奨いたしております。ここで採取した大気と周辺地域の大気と比較しどの数字大きいのか科学検査を致します。

STEP2
第二段階
当社の行う残置物撤去、煤(すす)除去作業、脱臭作業を行います。
これに合わせて科学物質の分解作業を行います。
詳しい工法は企業秘密ですが過去の経験から一般住宅は元より、化学薬品工場の復旧まで対応させて頂いた経験からその現場にあった作業を実施いたします。

STEP3
最終段階
第一段階と同じように現場の濃度を採取し化学検査を行います。
大凡2~4週間程度で【検査結果報告書】をご提出いたします。
併せて環境基準に対しての適合を認めた認定書も付随いたします。
検査は国の定めた研究所で行いますので検査結果にはご安心下さいませ。